アーキテクチャーフォト ジョブボードは「architecturephoto.net」が運営する建築求人情報紹介サイトです。

architecturephoto
jobboard

architecturephoto jobboard  © architecturephoto.net

建築系スタートアップ「VUILD」が、建築設計メンバー(新卒既卒・経験者)とファブリケーター(アルバイト)を募集中 closed このサイトでの募集は終了しました※他のサイト等で募集している可能性はあります

神奈川/リモートワーク/
Tag
新卒可
実務経験者優遇
資格所有者優遇

このページを開いてくれたみなさんへ。
はじめまして。VUILD株式会社の代表取締役CEOの秋吉です。

 
■なぜ募集しているのか?

ぼくの代表としての最大の使命は、最高の組織を設計することです。

建築って1人では設計できないし作れないので、やっぱり仲間が重要です。いいものを作って人を喜ばせたいし、いい仕組みをつくって社会を良くしたいと思ってるんですが、そのためには一緒に働いてくれる仲間が必要です。

逆に、仲間がいないと何もできないので、やっぱり意義とか理念とかよりも一緒に働いてくれる「人」が重要だと思ってます。だから、自分らしく・のびのびと・たのしく・健全に働いてもらうための組織設計が肝だと思って日々試行錯誤しています。

そんな中、ありがたい事に建築の依頼を沢山いただくことになっており、折角のチャンスなのでアクセルを踏みたいと思っています。これまで家具や仮設構造物を製作する仕事が多かったのですが、今ではほぼ全てのプロジェクトが建築物の製作になっています。

正直、収支計画ベースで考えると2名が適切なんですが、先行投資として2名追加で採用したいと思ってます。なぜなら、優秀な仲間が増えたらその分やれることが増えて、クライアントワーク以外の新しい挑戦に取り組むことができるからです。

 
■そもそもどんな会社なのか?

投資という言葉を使いましたが、投資ってなにかっていうと、伸びしろのある将来性・可能性に対して先行的にお金や知恵といった武器を与えてもらうことで、期待値をお金に換金して普通だったらできないアグレッシブな挑戦をすることです。

ぼくたちはスタートアップ企業というジャンルに分類されるんですが、そもそもスタートアップって何かっていうと、要は投資してもらって急成長を目指す会社です。だから、ぼくたちは未来と希望を売ることで存続している会社です。

どんな希望をつくっているかというと、建築がもっと当たり前のように一般市民に認識されて、だれもが思い思いに建築を構想し、その上で建築家や建築を理解し愛してくれる世界の実現です。

つまり、SNSとかスマホみたいな感覚で建築を捉えてほしいなと思っていて、これを「建築の民主化」とざっくりした言葉で言っています。こう言うと否定的な意見を貰うことが多いんですが、建築が好きだからこそ、建築に関われる人がもっと増えたらいいのになぁという、めっちゃピュアな動機から始めたので、めげずに頑張りたいと思ってます。

この世界の実現のためには結構やらないといけないことが沢山あって、1つ1つ地道に挑戦してきています。

まずは、誰もが建築をつくることができるような、スマホくらいの身近さで製作できる環境を整える必要があると思っていて、そのために安価で高性能な「Shopbot」というデジタル木工機械を売ってます。学生時代から売り歩いてきて、今全国に100台以上あります。

つぎに、この製作環境は機械もってないとアクセスできないとなると困るので、みんなが使えるようにしたくて「EMARF」というサービスをつくってます。これは機械持ってなくても、工場もった気分で製作できる仕組みです。それと、デジタル加工機に指示を与えるデータを作るのってそれなりに大変なんですが、それを素人でも自動でできるようにしています。こうすることで、気軽に家庭用プリンターで印刷する感覚で家具とか建築とか作れるようになれたら良いなと思ってます。

ここまでで、製作に関する基盤ができつつあるのですが、ここから重要なのが設計に関する基盤です。製作するツールはあるけど、どうやって設計すればいいのか、なにを設計すればいいのかという疑問が浮かびます。

 
■具体的になにをするのか?

今回、建築設計者を募集する理由はまさにこの問いに応えるためで、新しい製造環境が整ったなかで、新しい設計環境ってどんなもんなのってのを専門家として模索する必要があります。

それはなにかというと、デジタルファブリケーションを活用することで「質」を追求する方針と、「量」を追及する方針です。

つまり、こんなことまでできるんだよと先端事例を開拓する方向性と、それを開いていって皆に共有する方向性です。垂直展開して探求する方向性と、水平展開して拡散する方向性といってもいいかもしれません。それぞれ全くアプローチが異なりますが、それぞれ建築事業の「VUILD Architects」と住宅事業の「Nesting」という2つのブランドで展開しています。

VUILD Architectsの方は、いわゆるアトリエ系建築設計事務所の業態に近いもので、違いとしては400平米ほどの工場と加工設備を持っていることで、そこにはプロフェッショナルな大工やファブリケーターがいて、彼らと対話しながら設計ができることです。目指しているのは、設計と施工のデジタルによる統合で、生産合理性や施工合理性を理解し、つくりかたを深く理解したうえで、つくりかたから設計を考えていく在り方です。

このことを通して、デジタル技術とクラフトマンシップから生まれる新しい建築の在り方を模索したい。だから、設計だけやるならもっといい会社が沢山あるし、旧来の設計を続けたいなら他でやったほうがいい。それくらい特殊な設計領域なので、やりづらさはあるんですが、やりがいはあると思います。やっぱ凄いものや美しいものが生まれてこないと、みんなやりたいって思えないだろうなと思っていて、そういう意味でもぼくたち自身が作家として挑戦することに意義があると思っています。

Nestingの方は、いわゆるハウスメイカーの業態に近いもので、違いとしては徹底的にプロセスをデジタル化することで、自動車産業でいうところのテスラのような事業を目指してます。目指しているのは、時間とコストをかけずにオリジナルな住まいを提供することで、設計する側も作業や連絡に労力をかけずに最小限の設計支援で済むようにすること、どのエリアのどの工務店でも施工できるようにすることです。1棟目が11月にできたんですが、工法開発から竣工までやく半年という普通のメーカーだと考えられないようなスピード感でできたのは僕らの武器で、この1つの型を展開していこうと思っています。

事業としては、5月に構想を公開したんですが、コロナによる社会情勢の変化もあって50名以上の建設希望者の問い合わせを頂いており、10数棟着手しています。来年4月以降に正式リリースしたらもっと激的にオーダーが入ると思います。たぶん、上手くいけば結構儲かる事業になると思っていて、安定的な収益源にできると思ってます。アトリエ系建築設計事務所方式だと、仕事の波があって不確実性高いし、様々な理由で薄給になりがちなんだが、一方で、儲かるけどつまらないのは嫌だなと思っていて、バランスが大事なんだろうなと。

 
■どんな働き方ができるのか?

そういう意味で、好きなことかどうかと、稼げるかどうかという天秤はあると思います。
稼げないから組織やゼネコンにいくとか、海外にいくとかって話をよく聞くけど、稼げるかどうかで人生決めるのは勿体ないなと思っていて、かといって好きと稼ぎを両立する手段が少なすぎるというのがこの業界の課題かなと。

これって構造的な問題だと思うので、突き詰めれば経営者の問題。だからぼくは、好きと稼ぎを両立できる会社をつくりたいと思ってます。

VUILDでは成果さえ出していれば、好きな時間・好きな場所で働くことができます。管理しないことが経営のテーマで、理由はぼく自身が管理されたくない人間だからです。

兼業や副業もOKで、昨年ジョインした建築家の大先輩である長岡勉さんなんかはPOINTという事務所を主宰しつつVUILDで働いていたり、新卒で創業時に入社した黒部君なんかは写真家や大学の非常勤講師もやりつつEMARFの法人部門を率いてたりします。取締役の井上さんは創業期から岡山に定住しているし、Shopbotの事業リーダーの田中君は三重に住んでるし、みんな好きな場所で暮らして好きに働いています。

会社に所属するメンバーは全部で約40人いるんですが、バックオフィスが6名、EMARFとShopbotチームが約20名、NestingとVUILDArchitectsチームで約10名、ファブチームが6名と、専門性も職種もバラバラ。Shopbotに関わるメンバーはエンジニア色が強いし、EMARFに関わるメンバーはコミュ力高い人とプログラマが半々くらいで、意外と建築設計メンバーはマイノリティだったりします。

つまり何が言いたいかというと、皆それぞれ好き勝手やっている自由な会社だってことです。
それぞれ置かれている環境や境遇も違えば性格も違うので、無理にひとまとめにせず個別対応するべきだろうと思っているので、それぞれにあった働き方を考案して、こうしたいって提示してくれさせすれば基本的にOK出します。

なので会社に入れば会社を自分で変えていくことができるのが、VUILDの良さです。
あと良い点をオマケとして言うと、ちゃんと成果にコミットして継続的に付き合っていれば、ストックオプションといって株を手にすることができる制度があるんですが、事業が成功した際には結構いいことがあると思います。

まぁそんな訳で仲間募集しているので是非ご応募を!

 
■進行中のプロジェクト
【VUILD Architects】
・別荘建築(100平米)
『ソフトランディングハウス』住宅特集2021年1月号掲載
・住宅建築(100平米)
『山居の門』住宅特集2022年1月号掲載
・大学施設(300平米)
『学ぶ、学び舎』SDレビュー2019年入選
・別荘建築(250平米×4棟)
・店舗建築(100平米)
・研修施設(1500平米)
・温浴施設(1000平米)
・新社屋(1万平米)

これまでの実績:
『まれびとの家』住宅特集2020年10月号掲載
グッドデザイン金賞、U35建築家展ゴールドメダル
https://architects.vuild.co.jp/

【Nesting】
単体の住宅PJ多数、下記その他進行中PJ
・賃貸長屋(200平米・3棟)
・分譲長屋(300平米・5棟)
・宿泊施設(100平米)
・宿泊施設(100平米×3棟)
・事務所(100平米)

Nestingを紹介する記事:
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2112/06/news015.html

 
■募集内容

建築設計メンバー 採用人数 1名

【業務内容】
・VUILD Architects事業
建築プロジェクトの建築設計業務
つくりかたから考えるチャレンジングな業務
デジタルファブリケーションを活用した業務
工場でのプロトタイプの試作、検証業務
・Nesting 事業
新規住宅事業の建築設計業務
テンプレートを展開するための開発業務
お施主様とのコミュニケーションサポート業務
お施主様とのワークショップなどの企画運営

【条件】
・新卒可 ※2022年3月卒業見込み
・実務経験者 優遇
・建築士資格保有者 優遇
・AUTO CAD、Rhinoceros スキルのある方 優遇

【給与】
・新卒:月給25万円以上
・実務経験者:年収400万以上

【用形態】
・週4日以上の勤務が望ましい
・業務委託/正社員など、双方で協議のうえ決定

【働く環境】
基本的にはリモートワーク(自宅、その他自宅に準ずる場所)となりますが、必要に応じて川崎の「工房」や横浜本牧にある「工場」などでの業務もあります。

■採用基準
・ビジョンの理解度:私たちの目指す世界にどのように貢献できるか
・カルチャーの親和性:一緒に働けるイメージが湧くかどうか
・スキルの習得度:他の誰にも負けない強みがあるかどうか
・伸びしろ:どれだけ新しい事にチャレンジできる人か
・人間性:下記人物像を満たすかどうか

■求める人物像
・新しいことに挑戦できるポジティブな方
・誠実かつ真摯に仕事に向き合える方
・協調性のある方
・コミュニケーション能力の高い方

■その他
・昇給は能力に応じて随時
・交通費:別途支給
・賞与:業績による 年2回給付
・休日休暇:土日曜祝祭日 GW・夏期・年末年始
・社会保険完備、健康診断あり
・土日は会社設備を自由に使用可

 
=追記:2022/3/1=
ファブリケーター:アルバイト 若干名
※未経験者/フリーター大歓迎!

【業務内容】
工作機械を利用した木材加工、研磨、梱包、発送、その他のサポート

【条件】
・Excel , SlackなどのSNSが使える方
・丁寧に加工ができる方
※機械に関する専門知識や経験は不要です

【あれば尚可】
・DIY経験者、
・3dcad(rhinocerosが使える)
・illustrator

【得られるスキル】
・Shopbotや5軸CNCやRhinoなどのデジタルファブリケーションツールやソフトウェア全盤
・木工ツールや製作スキル全般

【給与】
1,100円(源泉徴収あり) /交通費別途支給(実費)

【働く環境】
弊社本牧工場、または弊社川崎ラボ
勤務時間:朝10:00〜19:00のうち会社のシフトによる。週3日以上、2ヶ月以上長期で働いていただける方